逗子市 学校法人づし学園 逗子幼稚園

逗子市 学校法人づし学園 逗子幼稚園

園について
目指すこと
教育方針
  • 本園は学校教育法にのっとり、文部科学省の定める幼稚園教育要領に示される基準に従って教育を進めるとともに、円満な宗教的情操を基盤とした人格の育成をめざしています。

望ましい園児像
  • 明るく元気なこども
    豊かな心をもつこども
    意欲のあるこども

教育の特徴
  • 家庭との緻密な連携

    園だより、クラスだより、連絡帳を通じて子ども達の園生活の様子を詳細にお知らせしています。また保育参観、保育参加、個人面談など園生活を直接ご覧頂く機会や、懇談会や個人面談など担任教師との話し合いの場を設けています。

    おしゃべり会
    この会では園長とお母さま方(お父様も歓迎です)とで子育てにまつわる話題を中心に、気楽におしゃべりや情報交換をする場として月平均1回開催しています。
    情報が氾濫しているこの時代、時にはその情報に振り回されることもありますが、多くの情報から自分に有益なものを選び取ることが大切です。
    何よりも子育てに悪戦苦闘しているお母さま同士「生きた情報」を交換できることは、自身の子育てに大きく役立ちます。時には家事、育児にとらわれず、趣味や行楽地などの話題も飛び出す楽しい会です。

  • 園内の行事

    仏教行事を通して子ども達に命の大切さ、尊さを伝えるとともに、豊かな感性の育ちを願って、四季折々の行事を保育活動に取り入れています。

  • 地域社会との関わり

    四季を通じて園外保育や社会見学に出かけ、豊富な自然体験、社会体験をしています。

教育目標
  • ・一人ひとりの子どもを大切に、それぞれの特性を伸ばします。
    ・規則正しい日常生活をもとに、遊びや運動を通して健康な心と体づくりをめざします。
    ・多様な遊びや生活経験を通して、人への優しさや思いやりの心、感謝の気持ちを育てます。
    ・遊びと多様な生活経験をとおして、物ごとをたしかにとらえたり、考えたりする力を育てます。
    ・仲間と力をあわせることの大切さを学び、仕事をやりとげるよろこびを発見させます。
    ・仲間との生活をとおして、人へのやさしさ、思いやりの心を育てます。

発達の目標
  • 3才児

    ・基本的な生活習慣を身につけ、心身ともに安定した園生活をすごす。
    ・遊びを通して友だちとかかわり、集団生活の基本的なきまりに慣れる。
    ・生活経験を広げていく中で、考えだそうとしたり、作りだそうとする気持ちが芽生える。

  • 4才児

    ・積極的に遊びに参加し、遊びの楽しさを知る。
    ・よい生活習慣や、集団のきまりを守り、友だちと仲良く遊びや仕事をする。
    ・身近な自然、社会の事象に興味関心をもち、注意して見たり、試したりする。

  • 5才児

    ・基本的、社会的な生活の習慣や態度を身につける。
    ・一人一人のもつ力を発揮して意欲的、創造的に遊びに取り組み、見、聞き、考え、工夫する楽しさを知る。
    ・目標や課題をもって活動に取り組み、仕事をしたり遊んだりする。
    ・互いに協力することを通して思いやり、優しさの態度を身につける。

保育の概要
  • 保育内容

    本園では多様な遊びと生活体験を基本とした学年毎の教育課程を編成し、子ども達の園生活を組み立て指導しています。具体的には

    ●子ども自身が自由に選んで行う活動
    自ら選んだ活動を通して、子ども達の自主性・自発性を育んでいきます。

    ●教師が意図的に選んで経験させる活動
    四季折々の行事や、年齢に応じた多様な経験を通して情操を高め、その時期に必要な技能や能力を育んでいきます。

  • 保育時間

    年間を通じて保育時間は一定です。
    【月~金 】8:30~14:00

  • 保育形態

    年齢毎のクラス編成に加え、活動内容によって3,4,5歳児をグループ編成(縦割り)した保育を行っています。

  • 交流保育

    各種行事(コンサート、遠足他)等、姉妹園(第二逗子幼稚園)と一緒に行い、子ども同士の交流を深めています。