逗子市 学校法人づし学園 逗子幼稚園

逗子市 学校法人づし学園 逗子幼稚園

幼稚園の生活
幼稚園の一日
  • 8:30 登園

    保護者と一緒に徒歩通園。
    バス通園は2コースに分かれて登園します。

  • 自由活動

    登園、出席ノートにシールを貼り、帽子やカバンをロッカーにしまってから、自分の好きな遊びにとりくみます。

  • 9:45 朝の集まり

    クラスに集まり、み仏様へ礼拝をしたあと出欠の確認をし、静かな一時を過ごします。

  • 10:00 課題活動

    朝の集まりの後、その時期や年齢にそった活動を行います。ときには子ども達から生まれたものを全体で行ったり、考えながら楽しく展開していきます。

  • 体育教室内容

    毎週木曜日、カワイ体育教室の専門講師が指導致します。
    年齢毎のクラス編成により、鉄棒、マット、平均台、縄跳び、ボールなど様々な運動器具を使用しながら逞しい心と体の育成をはかっています。

  • 11:45 昼食

    子ども達が楽しみにしているお昼ご飯の時間です。
    月・水・金曜日は給食。
    火・木曜日はお弁当です。

  • 12:45 自由活動

    食後の一時は、絵本を見たりして静かに過ごします。
    その後、その日の活動の続きに取り組んだり、自分の好きな遊びを楽しみます。

  • 13:30 帰りの集まり

    帰る前の大切な時間です。その日の活動をふり返ったり、教師からの明日の予定を聞いたりします。
    また、絵本や紙芝居などに親しみ、心を落ち着ける時間を持ちます。

  • 14:00 降園

    1日が終わります。
    教師は必ず子ども一人ひとりと挨拶を交わします。
    子どもの様子に配慮して、明日の登園を楽しみにできるよう声をかけます。

  • ナースリー(預かり保育)

    預かり保育が始まります。(希望者)
    夕方5時まで幼稚園で友達と遊びながら保護者のお迎えを待ちます。

食育

お弁当
  • 子ども達が幼稚園生活の中でふと、お母さんの顔を思い浮かべる時、それはお弁当の蓋を開けた時ではないでしょうか?
    大好きなお母さんが作ってくれたお弁当は何にも勝るご馳走です。片やお弁当を作るときのお母さんは(お父さんも)お子さんのことを思いながら作っているはず。
     「心の通じ合う」素敵な瞬間。お弁当を食べる子ども達は友達との会話もはずみます。

給食
  • 登園では自園(逗子幼稚園内の調理室)で調理した給食を週3回(月・水・金)実施しています。献立は和食を中心としたもので、アレルギーのあるお子様には除去食を用意しています。
    この給食はチルド技術を生かしたハイブリッド給食で、幼稚園内の調理室とセントラルキッチン(千葉県内)が共同して調理する形のものです。
    セントラルキッチンは食材の仕入れから栄養管理、衛生管理、調理員の指導を行います。

  • 献立内容

    一か月ごとに献立をお知らせしています。
    お弁当と違って同じ食材でも調理方法によって「食べられない」と訴えてくる子どもがいますが、園ではどんな物も一口は必ず食べるように指導しています。
    園のキッチンで給食を作り始めて約半年が過ぎたところで、子ども達に人気の献立は魚料理(塩焼き、味噌かけ、照り焼き等)とカレーや温かいうどんです。

  • 給食費

    給食は一食につき¥360です。1年間の回数は概ね100回くらいです。
    ※給食の準備は食材の仕入れや前日から仕込みを行う関係で、当日欠席されても給食費はお納めいただくことになりますので、この点宜しくご承知下さい。

野菜の栽培
  • 子ども達は食べることによって健康を維持し、成長していきます。小さい時から正しい食生活を身に着けることが肝心です。
    園では四季折々子ども達が小さな花壇やプランターで花やいろいろな野菜を育てます。野菜は「苦手」という子も多くいますが、自分で育てた野菜だからこそ「食べてみる」気持ちも湧くようで、「食べてみたらおいしかった!」そんな場面がいくつも見られます。

クッキング
  • 「食べることは生きること」につながります。
    園では年齢に相応しいメニューを教師が考え、子ども達に提案し意見がまとまるとクッキングの開始です。計量したり、切ったり、混ぜたり、丸めたり等々クッキングを通して食材の名前を知ったり、手順があることも学びます。何よりも自分たちで作り、友達と一緒に食べることは楽しい経験です。
    人は食べ物を食べて生きていますが、実は食べ物は人が生きるために自然が与えてくれた恵みです。クッキングを通して、食べ物を大切にする心を養います。